Why
My
Nightingale

My Nightingaleで分かること

250項目の血液の分析結果を独自のアルゴリズムで解析することで、生活習慣病の発症リスクと5つの健康指標をお示しします。
また、リスクを下げるために取り組むべき行動もご提示します。

生活習慣病
(心血管疾患・2型糖尿病)の
発症リスク

250項目の血液の分析結果を
独自アルゴリズムで解析

独自アルゴリズム

フィンランドと日本のバイオバンクとの協業によって作成されたアルゴリズム

リスクを算出

血液バイオマーカーの測定値があなたと同様の人が10年以内に心血管疾患・2型糖尿病を発症するリスクをお示しします

心血管疾患リスク

心血管疾患リスクは、10年以内に脳梗塞や心筋梗塞といった心血管疾患を発症する可能性がどのくらい高いかを表します。

2型糖尿病リスク

2型糖尿病リスクは、10年以内に2型糖尿病を発症する可能性がどのくらい高いかを表します。

100点満点で総合点も算出。
結果の良し悪しが直感的に分かります。

生活習慣病リスクを下げるために
特に取り組むべき行動

生活習慣病にならないために、健康的な活動全てに取り組むのは大変です。
リスク低下のためには継続することが大事です。

リスクを下げるために取り組むべき行動をご提示

My Nightingaleは250項目を詳しく検査・評価するため、
特に課題となる指標と取り組むべき行動が分かります。

Nightingale
Health Score

通常の人間ドックでは含まれない
項目を含む250項目を測定します

250項目測定するバイオマーカーのうち、心血管疾患・2型糖尿病リスクに 特に関連が強い16項目のバイオマーカーの測定結果をご報告します。 このうち11項目は通常人間ドックでは測定しない項目です。

人間ドックに
含まれる項目

● HDLコレステロール
善玉コレステロール。動脈硬化抑制に関連。
● LDLコレステロール
悪玉コレステロール。動脈硬化促進に関連。
● Non-HDLコレステロール
動脈硬化を引き起こすすべてのコレステロール。動脈硬化リスクの総合的な管理指標で、高値は動脈硬化、脂質代謝異常、家族性高脂血症などに関連。
● 中性脂肪
体脂肪の大部分を占め、肥満や生活習慣病に関連。
● グルコース
血中のブドウ糖濃度。糖尿病や血管ダメージに関連。

人間ドックに
含まれない項目

● VLDLコレステロール
血中でトリグリセリドを運搬するためトリグリセリド量を反映。
● ApoB
LDLコレステロールに結合して体内を循環するため、LDLコレステロール量を反映。
● ApoA1
HDLコレステロールに結合して体内を循環するため、HDLコレステロール量を反映。
● ApoB/ApoA1の比
LDLコレステロール量/HDLコレステロール量の比率を間接的に反映。
● GlycA
アセチル化グリコプロテイン。慢性炎症を反映。
● オメガ3の割合
トリグリセリド低下作用などがあるオメガ3脂肪酸量を反映。
● オメガ6の割合
コレステロール低下作用などがあるオメガ6脂肪酸量を反映。
● 一価不飽和脂肪酸の割合
高値はインスリン抵抗性をしばしば反映。
● 多価不飽和脂肪酸の割合
オメガ3、6系脂肪酸など多価不飽和脂肪酸量を反映。
● 飽和脂肪酸の割合
高値は2型糖尿病や心疾患のリスクに関連。
● 分岐鎖アミノ酸
高値は2型糖尿病リスクに関連。
検査後のレポートイメージをみる